• facebook-square
  • Twitter Square
  • google-plus-square

2016(平成28)年度 明耀山光行寺報恩講法要を修行

November 1, 2016

 

毎年10月~11月にかけて、近隣地域の浄土真宗寺院では、親鸞聖人を偲ぶ報恩講法要が修行されます。

 

このたび当寺院では、10/22~23にかけて、行われました。

 

←10/22 逮夜法要の勤行

 (「宗祖讃仰作法」を依用)

 

 

 

 

 

 

 

10/22 御伝鈔の上巻拝読に伴い、解説書を参照しながら、御絵伝とのマッチングを説明 →

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

← 10/23 満日中法要の勤行

(「宗祖讃仰作法(音楽法要)」を依用)

 

両日とも、近隣の浄土真宗寺院住職様方に参集していただきました。

 

思えば、本堂新築以来、それに伴った諸行事・法要がこの時期に行われていましたので、平常の報恩講法要がつとまったのは、これが最初。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        10/23 法要が無事終了後、

                               「みなさま、ありがとうございました。」 →

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お斎をいただいた後、午後から「門徒総代・世話人会」が開催され、「宗門総合振興計画の推進」をはじめ、寺院内の諸取り組み項目の現状報告と協議が行われました。

 

上記振興計画の推進懇志は、先般、そのご依頼に応じた額の進納手続きを完了した由を報告。

 

当寺院施設の一部改修に関する件について、設備と財務等の項目に沿って報告。

 

当寺院門信徒会と門徒総代世話人会の運営に関して、見直し項目について協議。

 

 

 11月中旬より、お取り越し巡回と参拝地区寺院法要が始まります。もう一年の終盤ですね。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

各種法要・行事の実施について

April 3, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Search By Tags
Please reload

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic