• facebook-square
  • Twitter Square
  • google-plus-square

2015(平成27)年度 明耀山光行寺春季彼岸会法要を修行

March 22, 2016

 2016(平成28)年3月20日(日)午前10時より、本堂にて春季彼岸会法要が勤修されました。当地の今冬は、2月の降雪が幾分和らぎ、気温も低温日が比較的少なかったように感じられ、暖冬の印象がありましたが、やはり3月を迎えると、ホッとするのは雪国に暮らす私たちの共通の感慨だと思われます。当日の日中は、曇り一時小雨が混じる天候でしたが、例年通り多数のご参拝がありました。

 

 午前の本堂では、冒頭で「真宗宗歌」、「いま ささぐ」のふたつの讃歌を導入に、「正信念仏偈(行譜)・念仏和讃六首引」の勤行が中心となりました。

 その後、住職より挨拶の後、「専如門主法統継承のあゆみ」と題されたDVD記録映像を視聴し、「法統継承に際しての消息」、および宗門の動きが伝えられました。

 

 

 また、午後の部は、廟堂においても同様に、ふたつの讃歌を導入後、仏説阿弥陀経が勤められ、住職法話の後、「専如門主法統継承のあゆみ」が紹介されました。

 

 

 一方、庫裏(事務所)では、法要終了後に門徒総代・世話人会が開催され、策定された「宗門総合振興計画」の内容を当地の門信徒の方々に周知・ご協力を仰ぐために必要な討議が行われ、意見が集約されました。

 

 「仏縁をつなぐ」ことは、寺院の役割のひとつですが、そのためにも諸活動が、多くの方々の機微に触れる縁となることを願ってやみません。

Please reload

Featured Posts

2019(令和元)年度 明耀山光行寺 「お取越し」実施の御案内

November 11, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Search By Tags
Please reload

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic