• facebook-square
  • Twitter Square
  • google-plus-square

March 1, 2019

 当地の今冬は、時折厳寒な日がありながらも、結果的には少雪だったのだな、と感じます。路肩の残雪も春の息吹に押され気味に、小さくなっているようです。 お彼岸がやってきました。拝顔できますことを心待ちにしております。

March 12, 2018

 今期の春が巡ってきました。肌寒い日もありますが、それとて春への道程。雪国人の四季の楽しみでしょう。お元気なご様子を拝顔できましたなら、幸いです。

September 3, 2017

  9月に入って、日中と夜の気温差に秋の訪れを感じるようになりました。夏の慌ただしさから秋の静けさに四季が移ろっていくことを感じると不思議に、みずからの人生の時を顧みることもあるのではないでしょうか。ともに、ほとけさまのはたらきを感じながら日々を過ごしたいものです。

March 31, 2017

2017(平成29)年3月20日(月)

午前の部 1F 本堂 AM10:00~ 讃歌「真宗宗歌」 三奉請  正信念仏偈(行譜) 法話   讃歌「恩徳讃」

午後の部 2F 廟堂 PM13:30~ 讃歌「真宗宗歌」 三奉請   仏説阿弥陀経         法話   讃歌「恩徳讃」

午前の部では、(公益財団法人)仏教伝道協会発行の「ブッダがせんせい」が紹介され、お買い求めになる方がいらっしゃいました。日常にご活用いただければ。

例年に比べれば、ずいぶんと雪の消えたアスファルト。日中と夜...

February 17, 2017

 「春夏秋冬」のことばのように、春の訪れに一年一巡りの感があります。この時期のみなさまを拝顔できましたら、幸いです。

September 16, 2016

  残暑が少しずつ薄れ、行く手の空気が透けて見える今日この頃となりました。移り変わりをより実感する季節なのでしょう。この時期に、みなさまを拝顔できましたら、幸いに存じます。

March 22, 2016

 2016(平成28)年3月20日(日)午前10時より、本堂にて春季彼岸会法要が勤修されました。当地の今冬は、2月の降雪が幾分和らぎ、気温も低温日が比較的少なかったように感じられ、暖冬の印象がありましたが、やはり3月を迎えると、ホッとするのは雪国に暮らす私たちの共通の感慨だと思われます。当日の日中は、曇り一時小雨が混じる天候でしたが、例年通り多数のご参拝がありました。

 午前の本堂では、冒頭で「真宗宗歌」、「いま ささぐ」のふたつの讃歌を導入に、「正信念仏偈(行譜)・念仏和讃六首引」の勤行が中心となりました。

 その後、住職より挨拶の後...

September 25, 2015

 2015(平成27)年9月23日(水)午前10時より、本堂にて午前の部がつとめられました。勤行は、宗祖親鸞聖人作の「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)」を行譜の節で、そのあとの法話では本文の意味するところを味わいました。

また、午後の部は、13時30分より2階の廟堂にて「仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)」がおつとめされ、彼岸会にあたっての法話がなされました。

最近、国内では自然災害が頻発しているように感じられ、「春秋の佳季」とは安易に表現できないような昨今であり、内外社会のできごとにも簡単に解決できない問題が多いなか、一人ひとりの...

March 24, 2015

 2015(平成27)年3月21日(土) 午前の部(AM10:00~ 本堂)、午後の部(PM13:30~ 廟堂)

の日程で行われました。両部とも、冬が明けて最初の法要とあって多数のご参拝をいただきました。久しぶりにお会いする方、新しいご縁をいただいた方、それぞれの思い、ことばでお声をかけていただき、春のスタートを感じさせる行事となりました。

 終了後は、二階多目的ホールにて「明耀山光行寺門徒総代・世話人会」の会議が行われ、「明耀山光行寺施設整備基本計画」の当初計画内容がほぼ完了したことを受け、3/31をもって、専門委員会「明耀山光行寺施...

Please reload

Featured Posts

2019(令和元)年度 明耀山光行寺 「お取越し」実施の御案内

November 11, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic